新作能 沖宮 OKINOMIYA

新作能 沖宮 OKINOMIYA
植物染料で染められた絹糸

『沖宮』に登場する「四郎とあや」をイメージし、植物染料で染められた絹糸 撮影/石内都 ©Ishiuchi Miyako

「魂の花 ─ 緋の舟にのせて」

2018年公演

  • | 熊 本 | 10/6 [土]
    [蒔能] 水前寺成趣園能楽殿
  • | 京 都 | 10/20 [土]
    金剛能楽堂
  • | 東 京 | 11/18 [日]
    国立能楽堂

このたびの石牟礼道子さんの訃報に接しまして、心よりお悔やみ申し上げます。
私たちは悲しみを乗り越え、石牟礼さんから託された新作能「沖宮」の上演に向けて、
より一層身を引き締め、力を合わせて努力していく所存でございます。
上演実現に向けて、みなさまの心暖かいご支援を引き続きよろしくお願いいたします。

2018年 2月10日
石牟礼道子と志村ふくみの願いを叶える会

新作能「沖宮おきのみや」公演へのおも

作家・石牟礼道子。染織家・志村ふくみ。
両者はともに自然と人間の関係を見つめながら仕事に打ち込んできました。

二人は長年、互いの作品に触れながら対話を続け、
石牟礼の言葉は、志村が染織作品を作る時の霊感の源泉となり、
志村の染めた色糸を、石牟礼は「魂が染色したよう」と語っています。

2011年の東日本大震災、原発事故を契機に水俣の受難をふりかえり
近代日本の在り方への危機感を募らせ、「今こそ伝えておかなければ」
と語り合う中で新作能「沖宮」は誕生しました。

近代化が進む中で希薄になりつつあるいのちの深み、そして自然への畏敬の念。
日本人が古くから大切にしてきたこの想いを次世代に繋げたい。

石牟礼道子90歳、志村ふくみ93歳。
「沖宮」に結晶化された二人の最後のメッセージを今、
公演という形で実現させたいと思います。

皆様のご支援とご協力により現代を生きる多くの方に
このメッセージを伝えられるよう公演の実現に向け準備を進めたく、
この望いにご賛同いただき、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2017年 8月吉日
石牟礼道子と志村ふくみの願いを叶える会

新作能「沖宮」賛同者

あらすじ

新作能「沖宮」は石牟礼の育った天草を舞台に、
戦に散った天草四郎と生き残った幼い少女あや、
そして、人々の死と再生の物語である。
干ばつに苦しむ村のために、雨の神である龍神への人柱として
亡き天草四郎の乳兄妹であるあやが選ばれる。
の衣をまとったあやは、舟に乗せられ一人沖へ流されていく。
やがて稲光とともに雷鳴が轟き、
海底へ投げ出されたあやは天青の衣を纏い現れた天草四郎に導かれ
ははなるくにである“沖宮”へ沈んでいく

戦に散った天草四郎と
生き残った幼い少女
そして、人々の死と再生の物語

衣裳/志村ふくみ

原作/石牟礼道子

原作
石牟礼道子

衣裳
志村ふくみ

志村ふくみ(染織家・随筆家)

志村しむら ふくみ(染織家・随筆家)

草木によって染め、染織の世界で作品を長年作り続けている志村は、石牟礼の言葉に深く感動し、石牟礼の持つ世界と、自分の世界とをいつしか重ね合わせるようになっていた。この度、色と言葉の世界を新作能「沖宮」で実現させたいと願っている。

写真提供/都機工房

次世代に託す最後のメッセージ

石牟礼道子(詩人・作家)

石牟礼いしむれ 道子みちこ(詩人・作家)

水俣病に病んだ日本と向き合い、現代における自然と人間のあり方を見つめてきた。2012年石牟礼道子はパーキンソン病を患いながらも意欲的に言葉を紡ぎ、「沖宮」を書き上げた。石牟礼道子は舞台衣裳を30年来の友人であった志村ふくみに託す。

写真提供/朝日新聞社

次世代に託す最後のメッセージ

石牟礼道子(詩人・作家)

石牟礼いしむれ 道子みちこ
(詩人・作家)

水俣病に病んだ日本と向き合い、現代における自然と人間のあり方を見つめてきた。2012年石牟礼道子はパーキンソン病を患いながらも意欲的に言葉を紡ぎ、「沖宮」を書き上げた。石牟礼道子は舞台衣裳を30年来の友人であった志村ふくみに託す。

写真提供/朝日新聞社

志村ふくみ(染織家・随筆家)

志村しむら ふくみ
(染織家・随筆家)

草木によって染め、染織の世界で作品作りを長年続けている志村は、石牟礼の言葉に深く感動し、石牟礼の持つ世界と、自分の世界とをいつしか重ね合わせるようになっていた。この度、色と言葉の世界を新作能「沖宮」で実現させたいと願っている。

写真提供/都機工房

>金剛 龍謹さん写真

志村ふくみの衣をまとい、
石牟礼道子の世界を舞う。

シテ〈天草四郎〉
金剛こんごう 龍謹たつのり(能楽金剛流若宗家)
幼いころから舞台に立ち、自身の芸の研磨と継承に努力してきた。石牟礼道子さんと志村ふくみさんの思いが詰まった「沖宮」が良い能になるように力を尽くしたい。
金剛 龍謹

金剛 龍謹さん写真

シテ〈天草四郎〉
金剛こんごう 龍謹たつのり(能楽金剛流若宗家)
幼いころから舞台に立ち、自身の芸の研磨と継承に努力してきた。石牟礼道子さんと志村ふくみさんの思いが詰まった「沖宮」が良い能になるように力を尽くしたい。

プログラム

【第一部 朗読】

石牟礼道子と志村ふくみの詩を朗読

スペシャルゲスト出演予定

【第二部 新作能「沖宮」】

原作   石牟礼道子
監修   金剛永謹
衣裳監修 志村ふくみ
     志村洋子
詞章監修 中村健史
シテ   金剛龍謹

書籍のご案内

志村ふくみ、石牟礼道子が新作能「沖宮」について
語った対談本「遺言 対談と往復書簡」

今、会って話しておかなければ。
-未曽有の大災害と原発事故の後、言葉を交わしあうことを
強く望んだ染織家と作家。長年の友人である二人が、
「一日一日が最後のような日々」の中で、
切望し実現した対談と往復書簡。

出版社: 筑摩書房
  価格: 2,376円(税込)

お問合せ

石牟礼道子と志村ふくみの願いを叶える会

株式会社 FUKUMI SHIMURA
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町140 ポルト・ド・岡崎1F
TEL:075-746-3303 FAX:075-746-3304
受付時間:11:00〜17:00(土日休)